本文へスキップ

トピックスTopics

2016.9.21

「NEWS WEEK」に当社社長の取材記事が掲載されました


 NEWS WEEK 9月3日号に当社社長、梶山 龍誠の取材記事が掲載されました。
 
「日本の不動産は投資家にとっては安全な長期的な視点で行う賭け」との記事の中で掲載されています。日銀のマイナス金利政策などマクロの不動産投資環境などを描き、地震国である日本のビルオーナーにとって、ビルマネジメントが重要な経営課題であるという記事の中で、当社が紹介されています。





>> 画像をクリックするとPDFが開きます(掲載記事抜粋)



【記事翻訳】・・・取材記事抜粋

 地震のような自然災害がある国では、ビルマネジメントサービス会社は非常に重要な存在で、建物・施設オーナーに安心感を与えるサービスをしている。そのような会社の一つにビケンテクノという企業がある。ビケンテクノは、梶山龍誠社長が言う「ファシリティマネジメントサービス」を提供する会社であり、そのサービスは幅広く、セキュリティから、飲食、サニテーション、設備機器更新や緊急補修サービスまで行うというものである。現在、このプロパティマネジメントサービスとしては取引先約80社、232棟と取引がある。またビケンテクノは直近10年の間に、子会社5社、関連会社11社グループベースで、介護サービスから病院経営、不動産、ホテル業界までビジネスを多様化させている。そして今や、梶山社長の目はタイのバンコック(拠点設立)にも向いている。梶山社長は、「ビケンテクノはサービス品質の改善を実現してきたし、絶えずさまざまな業界のいい点を取り入れ革新的なサービスを生み出すことに目を向けてきた。」と言っている。